テサランの原材料・成分について・・・

手汗用のデオドラント製品に含まれる成分でメジャーなのが塩化アルミニウムがですが、テサランの成分はクロルヒドロキシアルミニウムです。

それでは塩化アルミニウムとクロルヒドロキシアルミニウムは何がまったく違うのでしょうか? クロルヒドロキシアルミニウムの制汗効き目は塩化アルミニウムに対して劣ります。

しかしかなりひどい手汗以外であればちゃんと対処できる原料なんです。 またクロルヒドロキシアルミニウムのなによりの特徴は成分が安全です。

塩化アルミニウムは肌トラブル・皮膚のいきなりの乾燥などの反応を起こしやすく、肌への強力な影響があります。その影響を受けて手汗を根本から良くしていこうと思うつもりなら、安全性を考慮した制汗に徹すべきなのです。

制汗効き目ばかりに意識をしてしまえば、刺激の強い塩化アルミニウム内包のものを選択してしまいがちです。
この状態ではいくら汗が抑えられても手汗というものを常に注意を払ってしまいます。 そうなることで「精神的な発汗」を悪影響を及ぼしてしまうのです。

「手汗の根本的な解決」を望むならクロルヒドロキシアルミニウム成分配合のテサランがいちおしです。
もうひとつにの主成分「イソプロヒルメチルフェノール」 厳密にいえば、イソプロピルメチルフェノールは美容成分とかではなく、消毒作用のある原料です。
多くのケースは防カビ剤、殺菌剤、保存材といった作用を担う添加剤として混ぜられるのが常です。
ただ、消毒作用によってにきびの原因となるアクネ菌を少なくできるために、ニキビケアコスメに主成分の1つとして含まれています。

9つの植物由来成分 テサランには9つの植物由来成分が配合されています。

チャエキス・・防臭・防菌効果
柿タンニン・・・匂いを抑え、菌を殺す効果
イタドリエキス・・・収斂効果、潤い効果
天然ビタミンE・・・抗酸化作用・老化防止
ツボクサエキス・・・抗酸化作用・老化予防
オウゴンエキス・・・抗炎症作用、
塩化ナトリウム・・・収斂効果美白効果
カンゾウエキス・・・美白効果
エタノール・・・防菌効果

こういった類の成分が防菌、防臭、潤いの効き目を発揮し、テサランの制汗効力を支えになっています。 オーガニック成分が含有されていると聞くと、ちょっとホッとして使用ができますね。 手に負担が少なく、制汗力もある成分が含まれているのが、手汗抑制基礎クリーム「テサラン」なのです。

⇒テサランの公式サイトはコチラ!